• ホーム
  • 男性と女性での精力の違いについて

男性と女性での精力の違いについて

男性と女性の精力の違いは個人差もありますが、男性の方が強い傾向があります。
男性は若い年代は特に精力が強く、自分の感情をコントロールするのも大変だといいます。
日常でも女性よりもHな事を想像する回数が多かったり、ふとした時にムラっと性欲が湧いてくる事もあるそうで、他の事を考えて性欲をごまかすといった感情のコントロールをすることが増えてきます。
男性にとってHに興味があるのは健康的な事で普通です。
オナニーをしてテクニックを磨く事もありますし、自分の性感帯を刺激してオーガズムを感じる事も一つの勉強です。
男性は遺伝子的に考えても、精液を外に出すことで自分の遺伝子をばらまこうという習性があるのです。
ですが、女性の場合は精液に含まれるよい遺伝子、優れた遺伝子を選ぶ立場での男性のような精力の働き方とは異なります。
また、男性の場合の精力は本能的ですので食欲、睡眠に近いものがあり、体の健康上欠かせないものでもあります。
男性の場合一番精力のピークは10代から20代と言われています。
その時期はとにかく射精をしたい時期でもあるので、ある意味愛情のない女性であっても体だけの関係を求める事も出来てしまうのです。
Hに興味満載でオーガズムを感じて更にテクニックも学びたくなるのは、男性ホルモンのせいでもあるので仕方のない時期ではあります。
そういった欲求に上手く対応した男性は、30代になってくると随分と男性ホルモンが落ち着きだし、自分ばかりでなく女性を喜ばせる性行為にシフトチェンジされてきます。
ですが、精力が盛んな時期に上手く対応していないとストレスが溜まったり、30代になっても独りよがりな性行為しかできない残念な男性になりかねません。
下手をすると性犯罪に手を出してしまう事もありますので、自然の流れにゆだねて精力と向き合う必要があります。
女性は30代から40代が精力のピークと考えられています。もちろん出産によってホルモンバランスが変わるので一概には言えません。

男性・女性共に精液の量が少なくなると精力が落ちる?

男性は明らかに加齢と共に精力は衰えてきます。
もちろん個人差があるので一概には言えませんが、加齢により性機能が低下する事が原因と考えられています。
性機能が低下もしますし、精液そのもの量も少なくなってきます。
女性の場合はどうかというと、男性のような加齢というよりは産後の女性ホルモンバランスで精力が落ちる事が考えられています。
子供を産むと、精力よりも子供を守る方に気持ちが傾くのです。ですので、産後は性行為をしたいと思わなくなる傾向にあります。
性欲よりも子供を守る事が先決されるので仕方のない事です。
子供じみたお父さんですと、その時期に奥さんが性行為をしてくれなくなったと不満をかかえ、浮気に走る旦那様も案外いらっしゃいます。
それは旦那様の事を嫌いになったわけではなく、子供を優先的に育てたいと思う女性ホルモンの働きによるものなので安心してください。
男性は妊娠や出産で体に変化が起こるわけではないので、お子様が産まれた実感がわかないかもしれません。
ある程度子供が大きくなれば再び女性に精力は戻ってきます。
女性は本来30代から40代が精力が高まるので、男性よりも精力の期間が長いでしょう。女性は男性のような性機能の低下が精力の低下とイコールにはならないのです。
そして性行為は、男性にとって体力を消耗するので、年齢を重ねるとなかなか大変な行為となってくるようです。
ですので、パートナーの体力やお気持ちを組んで性行為を行ってゆくとよいでしょう。
お互いの気持ちがそぐわないで行うとストレスや信頼関係もギクシャクするのでよくありません。お互いの事を理解し合って、相手に負担がないようにして下さい。
体の関係は夫婦であってもデリケートな問題ですので慎重に話し合ってください。