• ホーム
  • 年齢を重ねると女性の性欲は強くなるってホント?

年齢を重ねると女性の性欲は強くなるってホント?

女性の性欲は、30代後半から40代にかけてピークを迎えると言われています。
若い頃の方が元気で、性欲もあるのではないかと思う人もいるでしょうが、女性の性欲はホルモンの影響を強く受けます。
そのため、性欲を抑制する女性ホルモンの分泌が減る35歳以降になると、性欲が強くなるという傾向があります。
この時期は、性欲をもたらす、男性ホルモンが増える時期でもあります。体力である精力は年齢によって減少しますが、性欲と精力は異なります。
また、男性ホルモンの分泌など体の内部の影響だけでなく、精神的な影響も強く受けます。
30代後半から40代にかけて、多くの女性は仕事や家事、育児といった20代の頃に頑張っていたことがひと段落つきます。
精神的な余裕から、性欲が強くなるということもあります。
今までは忙しすぎて、体の性欲を感じることもなかったけれども、落ち着いたことで感じるようになったということです。
一方、男性の性欲は10代から20代にかけてピークを迎えて、だんだんと下がっていきます。
そのため、若い頃はパートナーに合わせて仕方なくしていたけれども、最近は自分の方から求めるようになったということも多く見られます。
男性に合わせていたセックスですが、年齢を重ねることで、心身共に余裕が出てきて、女性が楽しめるようになったという状態です。
求められてするセックスと、自分からしたいと思うセックスでは、態度も変わってきます。
そして、セックスというのは、回数を重ねるほど気持ちよさが分かるものです。
若い頃はそれほど感じなかったのに、身体が成熟することで、気持ちよさが分かるというのもこの年代の特徴です。
性欲が強くなるというのは、決して悪いことではありません。
中には、こんなに性欲が強くなって、おかしくなってしまったのかと考える女性もいますが、そのような心配はありません。
もっと好きな人に触ってほしいという欲求を感じるようになっただけです。

性欲が強い女性の特徴について

性欲というのは、個人差があるものですが、女性の場合性欲が強い人にはある特徴があります。
一般的に男性ホルモンの量が多ければ多いほど性欲が強くなると言われています。
男性ホルモンの量は身体に分泌されているので確認することはできませんが、体毛など目で判断できる特徴もあります。
男性ホルモンが多いと、体毛は濃くなり、皮脂の分泌が活発になるので脂性肌になります。
人差し指より薬指が長い場合も、男性ホルモンの量が多いと言われています。
また、性格も大きな影響を受けます。負けず嫌いであったり、細かいことを気にしない性格の人の方が性欲は強くなる傾向があります。
意外に思う人も多いですが、頭の回転が速かったり、真面目な性格の人も性への興味があると自ら進んでセックスを楽しむようになります。
そして、メンヘラの女性も性欲が強いです。メンヘラの女性は常に愛に飢えている状態といっても過言ではありません。
不安定な気持ちを忘れたいばかりに、性欲が強くなり、相手の肌を求めるようになると言われています。
メンヘラまでいかなくても、精神的に不安定である女性もその傾向があり、ストレスを抱えやすい職場環境にいる女性や極度に忙しい状態にもその傾向が出るようになります。
食欲旺盛な女性も性欲が強いです。食欲と性欲は関係がなさそうですが、実は脳の中では隣同士に存在しています。
食事を取ることで、性欲が刺激されるという結果もあります。性欲が強い女性の場合、その分食欲旺盛になると言われています。
肉食を好む女性は、体内で男性ホルモンが作られるようになるので、より性欲が強くなります。
赤身のお肉は、動物性たんぱく質の量も多く、男性ホルモンが多く作られます。